犬の動物学

犬は、動物学的にみると、イヌ科に属する哺乳類で、人間のパートナーとして家畜化された最初の動物と考えられています。

動物学上では、犬は、野生のときには群れを作って集団生活をしていたと見られており、もともと順位性に厳しくて、リーダーに対して従順な性質をもっていたため、人間の狩りの補助として使われるようになったとされています。

犬をしつけるとき、現在でも「まず、飼い主がリーダーだということを教えなければいけない」と言われるのは、このような動物学に基づいているのです。

犬の品種は400種類以上あり、動物学での主な分類では、猟犬とそうでないものに大別されます。猟犬ではないものには、番犬・そり犬・牧羊犬・農場犬・愛玩犬などがあります。

動物学上の犬の特徴は、その嗅覚で、人間の数万倍も鋭いと言われます。聴覚も鋭い一方で、色覚はほとんどありません。

犬の寿命は12〜16歳と言われています。12歳で老犬となりますが、育てられた環境や犬種によってもかなりの違いがあります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。