犬の病気について

犬の病気には、発症すると必ず死亡するという狂犬病、レプトスピラ病、ジステンパーなどの伝染病をはじめとして、さまざまなものがあります。

病気から愛犬を守るために必要なのは、第一に、予防接種です。犬の病気の多くは、これで防ぐことができるのです。

狂犬病の予防接種は、毎年一度受けることが、法律で義務づけられて、そうするために犬の市町村への登録をしておく必要があります。登録後、通知が来ますので、必ず受けてください。

人間は一度予防接種を受ければ免疫の効果は一生涯続きますが、犬は定期的に予防接種を受けなければ、効果がなくなることが知られています。

病気予防のために、定期的な健康診断を行っている動物病院もありますので、犬の健康管理のために利用すると良いでしょう。

犬が病気になってしまったら、すみやかに動物病院の獣医師に診てもらい、必要な検査を受けましょう。病気の症状に見合った薬を処方をしてくれます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。