動物学から見た犬とは?

犬は、動物学上ではオオカミが祖先であると考えられ、最初に家畜化された動物であると言われています。

動物学上のよく知られている犬の特徴の一つは、人間の数万倍も鋭いと言われる嗅覚です。また、順位性に厳しく、自分より上位であるとみなしたリーダーに対して、従順な性質をもっています。これは野生のときには群れを作って生活していたためです。

このことから、特別な訓練を施すことなく、人間の狩りの手伝いをすることができたのではないかと、動物学上では考えられています。

現在においても、犬をしつけるときには、まず最初に、飼い主がリーダーであることを犬に教え込ませることがポイントだと言われていますが、それは、このような、動物学上の理論に基づいた理にかなったものなのです。

動物学では、犬の寿命は、平均10〜16歳くらいと言われます。近年、医療技術の進歩とペットを家族の一員のように考える傾向により、ペットの犬の寿命はかなり延びる傾向にあります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。