犬のしつけ方

犬のしつけには主に、トイレのしつけ、食事のしつけ、散歩のしつけの3つをあげることができます。

犬のしつけ方の基本とは、飼い主と犬との上下関係をはっきりさせ、飼い主のほうがリーダーだと犬に認識させること、これに尽きます。このプロセスさえうまくいけば、その後のしつけもスムーズにいくのです。

しつけの具体的な方法にいきましょう。何かが上手にできたときには、タイミングよくほめてあげること、してはいけないことをしたときには、短く覚えやすい言葉で叱ってあげることです。注意したいことは感情的に怒るのは、犬にとっても飼い主にとってもマイナスだということです。

また、犬のしつけに使う言葉、つまり“どんなことをしたときに叱り、どんなことをしたらほめるのか”ということは、事前に家族全員がしつけの方法について統一しておく必要があります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。