犬用の服の選び方

犬に服なんて必要ない、犬に服を着せるという発想すらない。数年前まではそういう風潮が主流でしたが、現在では、犬用の洋服は「犬服」などと呼ばれて普及し、さまざまな種類のものが販売されています。

犬に服を着せる理由は、見た目が良いからというだけではありません。犬の体を、抜け毛が飛び散るのを防いだり、散歩のときの雨風や紫外線から守ったりといった役割もあります。服を着せるようになってから、犬が風邪をひかなくなったという話も聞くので効果はあるわけです。

犬用の服を選ぶ際は、目的に沿った形状・素材のものを選ぶようにします。また、犬の服を買うときのポイントは、事前に、犬の首まわりや着まわり、胸まわりのサイズを測っておくことで、合ったサイズのものを購入できます。

注意点としては、洋服を24時間着せっぱなしにしないことです。また子犬の頃から服を着ることに慣れている犬は別として、嫌がる犬には無理矢理着せないことです。

最近では、オーダーメイド商品や、コスプレ用商品まで流通して拡大している犬服の市場。今後は、人間と同程度まで、アパレル産業も発達していくのかもしれませんね。

タグ:犬服
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。