ゴールデンレトリバーの飼い方

ゴールデンレトリバーは、現在でも人気の犬です。理由は、ゴールデンレトリバーは頭がよく、しつけも容易な犬種であり、フレンドリーな性格で、そして何よりも親しみやすい優しい顔つきをしている、などが挙げられます。

ゴールデンレトリバーは体格が大きく太りやすい傾向があるのでそれなりに運動が必要です。毎日の散歩はかかせません。しつけはつけやすいのですが、具体的には遊びを通して、例えば、モノをもってこさせる、運ばせる、といった運動をかねてのしつけがよいでしょう。子犬のころからのしつけが大切であることを忘れてはなりません。しっかりとしつけができると、ノーリードで例えば野原にいって思いっきり遊ばせることもできるようになり、飼い主とペットとの一体感を楽しめます。

ゴールデンレトリバーは暑がりです。真夏日の散歩には注意が必要です。また毛長で皮膚炎になりやすいため、まめに皮膚の状態はチェックして適宜ブラッシングをしてあげることも必要です。他の注意点として、ゴールデンレトリバーは無理な交配の結果、股関節形成不全を呈する場合があります。こういった場合は体重管理が必要になってくることもあります。

ゴールデンレトリバーはしつけをしっかりと子犬のころからつければ、あなたの良きパートナーとなる犬です。大切に扱って愛犬との一体感を楽しんでいきましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。