犬のしつけ方

犬のしつけには主に、トイレのしつけ、食事のしつけ、散歩のしつけの3つをあげることができます。

犬のしつけ方の基本とは、飼い主と犬との上下関係をはっきりさせ、飼い主のほうがリーダーだと犬に認識させること、これに尽きます。このプロセスさえうまくいけば、その後のしつけもスムーズにいくのです。

しつけの具体的な方法にいきましょう。何かが上手にできたときには、タイミングよくほめてあげること、してはいけないことをしたときには、短く覚えやすい言葉で叱ってあげることです。注意したいことは感情的に怒るのは、犬にとっても飼い主にとってもマイナスだということです。

また、犬のしつけに使う言葉、つまり“どんなことをしたときに叱り、どんなことをしたらほめるのか”ということは、事前に家族全員がしつけの方法について統一しておく必要があります。

犬のしつけの方法

犬のしつけは、長く一緒に暮らしていく以上、欠かせないもので、しつけを早いうちからきちんとしていないと、後々困るのは飼い主であるあなたです。

犬のしつけの基本中の基本は、まず、飼い主をリーダーだと認識させることです。それを踏まえて、何かが上手にできたときにはほめてあげ、いけないことをしたときには、タイミングよく、短く覚えやすい言葉で叱ります。

犬のしつけには、例に挙げると、トイレ、食事、散歩のしつけがあります。根気よく、愛情を持って行なえば、いずれ犬は喜んで従うようになります。

しつけに使う言葉や、「どういうときに叱ってどういうときにほめるのか」というのは、犬が覚えやすいように、家族全員で統一しておきます。

そうするなら家族全員が楽しみながら犬のしつけを続けていけるでしょう。また、プロのしつけ方について知っておくのも大切です。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。