犬を病気から守るには

犬の病気を予防するための対策は、動物病院での健康診断と予防接種があります。

犬の病気の中でも、かかったら致死率100%と言われる狂犬病は恐ろしい病気ですから、法律で義務づけられている年1回の狂犬病の予防接種は、必ず受けさせてください

動物病院では、狂犬病以外の複数の病気の予防に効果のある、混合ワクチン接種も行っていますから利用するのもよいでしょう。

犬が病気になってしまったら、かかりつけの動物病院に連れて行くのがよいです。あなたの愛犬に必要な治療をしてもらえるでしょう。症状に応じて、薬も処方してくれます。

病気から愛犬を守るためには、早期発見・早期治療が肝心です。常日頃から、犬の健康状態に留意して、「病気かな?」と気になることがあったら、ためらわずに獣医さんに相談するようにしましょう。

犬の病気について

犬の病気には、発症すると必ず死亡するという狂犬病、レプトスピラ病、ジステンパーなどの伝染病をはじめとして、さまざまなものがあります。

病気から愛犬を守るために必要なのは、第一に、予防接種です。犬の病気の多くは、これで防ぐことができるのです。

狂犬病の予防接種は、毎年一度受けることが、法律で義務づけられて、そうするために犬の市町村への登録をしておく必要があります。登録後、通知が来ますので、必ず受けてください。

人間は一度予防接種を受ければ免疫の効果は一生涯続きますが、犬は定期的に予防接種を受けなければ、効果がなくなることが知られています。

病気予防のために、定期的な健康診断を行っている動物病院もありますので、犬の健康管理のために利用すると良いでしょう。

犬が病気になってしまったら、すみやかに動物病院の獣医師に診てもらい、必要な検査を受けましょう。病気の症状に見合った薬を処方をしてくれます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。