チワワの飼い方

チワワの性格は自立心旺盛で、飼い主には忠実に尽くし深い愛情を示します。さらに小型犬であることから家で飼うにはもってこいの犬種でしょう。懸念事項として体格が小さいので、小さなお子様のいる家庭では心配な面もあります。どういうことかというと、小さな子供だと手加減をしらないのでチワワにとっては大きな事故につながることもあるからです。

チワワは小型犬でかわいらしい外見ですが、大きい犬の前にいっても動じないどころか勇敢に向かっていく面もみられるのです。これはもともとが闘犬の部類に入るからでしょうか。小さくてかわいいからと甘やかすのはもってのほかです。あなたを下に見るようになるかもしれません。きちんと正しいしつけを行なって、家族の大切な一員にしてください。

チワワの食事の注意点は、甘い物や人間の食べる物は極力あげないことです。これはすべての犬に共通していえます。

チワワは小さいので抱っこしやすいことから、よく散歩でも抱っこしているのを見かけますが、これではダメです。自分の足で歩かせることは犬の成長のためにも重要なことです。

チワワは好奇心も旺盛ですから、さらに社会性を育むためにも散歩にいったときは適宜に歩かせましょう。マナーでもあり事故に巻き込まれないためにも散歩の時はリードを必ずつけてください。

タグ:チワワ

チワワってどんな犬?

チワワを飼っている家は増えています。ブログにもチワワに関するものが圧倒的に多く、人気の犬です。

チワワは犬の中でも小型犬に属し、世界で最も小さい犬で、性格は活発で好奇心も旺盛、敏捷に動く姿が印象的ですね。飼い主にも忠実で比較的飼いやすい犬種でしょう。

チワワの毛色は多種多様です。被毛には短毛と長毛があるので、ふだんの手入れは毛長にあった方法で行なうとよいでしょう。

チワワにとって散歩は必ずしも必要ではありません。小さい犬なので家の中でも運動は十分できます。つまり家の中でいっしょに遊んであげることが大切なわけです。

もちろん天気のいい日は日光浴をかねて、散歩をするのがいいでしょう。特に1匹飼いの場合は、他の犬とのコミュニケーションを学んでいく必要があるからです。また小さいからつい抱っこしがちですが、骨の発育を考えると歩かせるべきでしょう。

チワワは寒がりが多いので、冬場の室温には気をつけます。食事のカロリーを少し多めにしたり、洋服を着せるのもよいでしょう。

また目が出ているので目の病気になりやすいこと、頭が他の犬に比べてけがをしやすいという弱点もあります。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。